ご挨拶

私は衆議院議員辻清人の中央区担当の秘書として6年間務めさせて頂きました。
私自身、中央区に住んで活動させて頂く中で私は中央区が世界一になる可能性がある街だと思えました。
歴史があり商業の街としても栄え、食の文化は世界トップクラス、居住地としても東京の中心である
中央区はとても人気があり、東京都内でも人口増加の多い区で1位2位を争っています。

そんな素晴らしい中央区で私は、衆議院議員の秘書の仕事をしながら沢山の声を聞いてきました。
これからも沢山の困っている人の声、こうして欲しいという声を聞かせて頂き活動し、
世界中から人が集まり、中央区に住み、働き、集うすべての人が幸せと思える街、
夢が持て子供たちが大人になってからも住みたいと思える世界一の街にする決意です。

プロフィールうさみ圭吾について

若い力を武器に
中央区の未来をつくる

辻清人 衆議院議員の個人秘書(中央区担当)としての経験を活かす

1988年5月24日生 30歳 宇佐美 圭吾

2004年 3月 渋谷区原宿外苑中学卒業
ボーイズリーグ東京都東支部「東京城南ボーイズ」3年間在籍
2007年 3月 ルーテル学院高等学校(熊本市)卒業
公式野球部3年間在籍、4番ファースト
2011年 3月 日本大学経済学部産業経営学科卒業
日本大学保健体育審議会硬式野球部4年間在籍
2011年 4月 東光電気株式会社(現 株式会社 東光高岳)入社
2012年 5月 東光電気株式会社 退社
2012年 6月 12月まで辻清人個人秘書、12月から自由民主党衆議院議員辻清人氏(東京第2区、当選3回、現外務大臣政務官)秘書。
(公設秘書2期、当初より中央区を担当)

地元の若手応援団と子育て世代のお母さん方

基本政策中央区をこうしたい

交通インフラの整備

湾岸エリアの人口増加により必要とされる地下鉄の誘致
都営バス網、江戸バス網の再整備

子育て環境の整備

保育園の増設一時預かり保育の環境整備など
待機児童ゼロ子育てをしている方々の負担を軽減、学童の整備

教育環境の整備

子供がもっと自由に学べる環境整備(図書館や公園やグランドでスポーツ勉強ができる環境)
オリンピック・パラリンピックをきっかけに子供たちに海外の方々との交流を含めた多様な経験体験ができる環境づくり
大学まで野球をやってきた経験を活かしスポーツを楽しむきっかけづくり

うさみ圭吾事務所アクセスマップ

平成31年4月1日(月)より下記事務所を開設致しました。
是非お立ち寄りいただき応援メッセージなどをお寄せいただけましたら幸いです。
中央区勝どき2-11-4 吉澤ビル1F-B1

中央区八丁堀2-14-6-B1 うさみ圭吾 事務所